ゼネグラが通販で買える!これでEDコンプレックスから解放されよう    >   副作用の心配 

副作用の心配 

人形と白い錠剤

ゼネグラはジェネリック医薬品として、手に入りやすくなったこともあり、ここ数年で人気が上昇してきました。また、バイアグラのジェネリック医薬品というのがポイントで、バイアグラと比べると副作用が軽減され、使いやすくなったとご使用いただいたユーザーからもお声いただいています。
しかし、体は人それぞれ違います。自分の体に合うかどうか、副作用を理解したうえで、使用して試してみましょう。

主な副作用

  • 頭痛やぼーっとするのぼせ感
  • 鼻づまりやのどの渇き
  • 腹痛、吐き気や消化不良
  • 頭部や胸部の動悸
  • 頭痛やのぼせ感、動悸などの症状がでるユーザーが多いですが、これは、ゼネグラが得意とする体の血流をよくする作用が効いているサインで、前兆と感じてもよいでしょう。動悸がするから危険というわけでなくあくまでも一時的な影響になります。しかし、万が一あまりにも長時間続く用であればすぐに医師の診断をうけてください。

    注意したい併用

  • HIV治療薬
  • 抗真菌薬(白癬やカンジタ治療のお薬)
  • 抗不整脈
  • 硝酸薬(狭心症など)
  • 他にも、ゼネグラはあくまでも男性専用で開発されたお薬です。女性の服用はしないようご注意ください。また、効果が薄いからといって、1日に何錠も飲むような行為は絶対にさけましょう。間違って服用した場合は、医師へ相談・診断にしたがってください。

    ゼネグラはあくまでも勃起を助けるお薬です。
    服用してすぐに勃起するわけではありませんので、直接的、もしくは視覚的な性的刺激をうけて効果を発揮します。そのため自然な性行為をしやすいお薬になるため、相手にもED薬を服用していると気づかれることはほとんどないと思います。
    持ち運びにも便利で服用しやすいため、デートや旅行にも最適ですね。